ナゴタロの感謝日記

名古屋在住の40代後半、サラリーマンの日記です

早起きしました

皆さん、おはようございます

今、5時35分

ちょうど最寄の駅では、始発の電車が走り始めている頃です

夏なら、もう日も昇っていて、晴れていれば青空が広がっている時間帯ですが、今、この時期は、まだ空は赤が混じった黄色から青色、藍色に、夜から朝へと、移り動いています

今日も、走ってくるところから一日を始めたいと思います

心の中は、職場のこと、仕事のことが、絵の具をキャンバスに落としたように、ここそこに散らばっています

いま、ここに集中する

そして、未来に対しての夢をもつ

人として生をうけて、自分自身の奥にある、神性なるものに対して、ただただ正直に生きたいと思います

自分を覆っている、怒りとか悲しみとか、嫉妬とか、おそれとか、これらは、いわゆる一次感情と2次感情にわけられるのかもしれない

いずれにしても、こういった感情も自分自身に付いているものなので、それらはきちんと認めて、もうひとつのまなざしで包み込み、感情のかたまりを掌でなでてさすってあげよう

夜が明けてきました

小鳥のさえずりが、もはや水色が優った空の真ん中辺りから、聞こえてきます

気持ちが、やさしくほどけて、この空に溶けていきそうです

朝から、有難うございますという気持ちになります

それでは、顔を洗って、ゆっくりランニングに行ってまいります